西島悠也|クマの弱点

西島悠也はこれでクマを回避した!

西島悠也|クマに出会った時の対処法

 

野生のクマは基本的には出会う事はありません。

 

なぜなら、クマこそ人間を恐れているからです。

 

しかし、万が一出会い頭にクマに出会った場合はちゃんとした対処をしなければならないのです。

 

その方法を今回はお伝え致します。

 

もし、肉眼で微かに見えているような遠い距離であれば、持っている鈴や笛を鳴らせば大概熊の方から退散してくれます。

 

30メートル以内の至近距離で出会ってしまったら、目を合わせ、静かにぶつぶつと話し掛けながら後ずさりしましょう。

 

また、クマは逃げるものを追いかける性質があるので、絶対背中を見せて逃げてはいけません。

 

そして、熊は木登りが得意とされますが、木登りができるのはせいぜい若熊までで、成熟した個体は木登りはできないと推測されます。

 

よって、高い木に登り、それでも追いかけてくるようなら足や手を使って熊のどこにでも良いから攻撃を加えるのも有効な手段であろう。

 

西島悠也の場合は、これらの方法でクマを対処したそうです。

 

是非参考にした見てください。